読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uwabami days

アーティスト活動を生業とする三鷹在住アートユニットuwabamiの日々

アニメの解説。ワクワクドキドキの像!

uwabamiな日々

やっほ〜!

ムトウだよ!ご無沙汰!!

このごろはもっぱら自主制作に勤しんでおります。

今夏のテーマはエジプト!僕が大好きなテーマで、中学校のときの総合の時間という"なんでもいいから調べて報告してね!"みたいな授業のときにもエジプトのことを調べた。具体的にいえば、ピラミッドの建築方法について調べた。そのときはピラミッドを作るというのは奴隷に強制労働を強いる、あまりよろしくない行為という印象が強かった!けど、実際はそうでもないらしい。公共事業として、仕事のないひとにも労働と引き換えに食べ物を与えたり生き甲斐を与えたりしていたようで、なんという文明の高さなんだ!と感心している〜と〜ころ〜。

今回のアニメはファラオが出てきます。モチーフはラムセス2世と3世!

ラムセス2世といえば古代エジプトの王の中でも有名ですね!アブシンベル神殿を立てたとか、カデシュの戦いでヒッタイト人を破ったとか、子供が100人以上いたとかおもしろいエピソード満載。旧約聖書に出てくるだけど、モーゼの悪役としてラムセス2世が出てきます(おもしろい!!!)その辺はそのうち詳しく書けたらいいな〜

ラムセス2世建造アブシンベル!!行ってみたい!!!!

IMG_1286_1.jpg

モーゼってこの人ね↓海を裂ける人。

モーゼ

ラムセス3世はラムセス2世の7代下くらいの王で2世よりは地味だけど、僕は結構好きです。

2世の統治を参考にして国を治めていて初めの方は平和な世の中だったらしいけれど、トロイア戦争とかで破れた軍勢が「海の民」と称されてエジプトに攻め込んでくるという事件が起こった!この「海の民」っちゅうのはめちゃくちゃ強くて、その当時唯一鉄の武器を使っていたヒッタイト人も滅ぼすほどのパワーだったよう。たぶん、故郷も家もなくて家族も守らないといけないから必死だったんだろうね〜。

んで、エジプトの攻め込んで来た「海の民」タチをラムセス2世はやっつける!!これがなかなかいい。

何度か攻め入られたけどやっつける!!これがいい!

エジプト人は海の戦が苦手だったらしいけどやっつける!!Oh〜〜!

この戦を今回のアニメでも採用してます。残虐なシーンはまったくなくて楽しく戦う(?)みたいになると思います。「海の民」では他にもおもしろい話があるのでいつ書きます。お楽しみに!!

そして、本題!

先日資料集めに都内にある松岡美術館に行って来たぞ!

お目当ては古代エジプトの展示物、新王国時代のものと書かれいて「こりゃラムセス時代じゃん!」とテンションが上がる。それがこちら↓

IMG_7891.jpg

神官の奥さんの像らしい。ファラオ級の地位じゃないのにこのクオリティーすんごい!

髪の毛の描写とか気が遠くなりそう〜。こんな細かい所描写しているのに全体の量感が崩れない所すごいね!レベル高い!!

IMG_7892.jpg

手に持っているのは何かの楽器らしい。

IMG_7893.jpg

あれあれ???手に持っている楽器、これ持つ所曲がってない??バランスおかしいぞ!?!?いやいや、こんなミスするはずないyo!だって他はすばらしいもん!!

あ!そうか、この人は音楽が好きすぎて、楽しみすぎて、お祭りが待ちきれなくて、楽器を全力で握りしめちゃってるってことか!なるほど!!!ワクワクドキドキの像ね!

ここまで現代人に想像させる像。素晴らしすぎるぜ!!!!