読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uwabami days

アーティスト活動を生業とする三鷹在住アートユニットuwabamiの日々

奥深いカイロ!イケてるメンズファッション!?

世界遺産、カイロの歴史地区に潜入!!

カイロは紀元7世紀にイスラム勢力が築いた都市で、10世紀中ごろに「勝利者の軍事都市」を意味する「ミスル・アル=カーヒラ」と名付けたそうです。そのカーヒラの英語読み「カイロ」が現在の呼び名となり、カイロになったんだって!ほ〜!
13世紀~16世紀のマルムーク朝時代、カイロは黄金期となり、十字軍やモンゴルの侵入を退ける一方で、交易によって巨万の富を獲得し世界最大のイスラム都市となったとか。そして、このころモスクやミナレット(礼拝を呼びかける高い塔)が、街のいたるところに建てられて今の姿に繋がっているんですって。
今回はあまりじっくりイスラム地区やミナレット見学はできませんでしたが、ほんの一部をご紹介します!

 

【目次】

 

ムハンマド・アリ・モスクの美しいアラバスター

世界遺産カイロ歴史地区の一部、ムハンマド・アリ・モスクを見てきましたよ!
じゃじゃーん!かっこいいモスクですな〜!!堂々としております!

f:id:uwabami_jp:20151120211724j:plain

中は全部アラバスター!!中庭の床も柱もみーんな、ほぼほぼアラバスター!
靴を脱いで入るんですよ!日本みたい! 笑

f:id:uwabami_jp:20151120210830j:plain

下の写真、フランスからもらった時計塔だそうです!
ルクソール神殿のオベリスクを一本フランスにプレゼントしたお返しがこの時計塔。

f:id:uwabami_jp:20151120210941j:plain

フランスにプレゼントしたオベリスクは今、パリのコンコルド広場にあります。uwabamiも見てきましたよ!その時の記事はこちら〜。

blog.uwabami.jp

 

でもこの時計塔、もらってから壊れて動かないんですって!今も修復中みたいでボロボロでした 笑
上の写真は写真集のものだからきれいだけど、実際はもはや褐色の塔。
文字盤とか文様は綺麗ですけどね〜!動かない時計ってのもなんだかね〜!

f:id:uwabami_jp:20151120212204j:plain

 

ささ、いよいよモスクの中に入ります!
おお?ランプがたくさん見えるぞ!!ドキドキ。。。

f:id:uwabami_jp:20151120211935j:plain

 

なんじゃこりゃ〜!!!
すんごい数のランプが、すんごい高い天井から吊るされている〜!

f:id:uwabami_jp:20151120212043j:plain

天井美し〜〜〜〜!!!

f:id:uwabami_jp:20151120212103j:plain


もはや異世界である!なんて綺麗な空間!に、ムトウ!!!

f:id:uwabami_jp:20151120212654j:plain

買ったデータの写真では色や細部も見えるデータが。
こりゃあすげ〜!!!ムハンマドさん頑張りましたね!

f:id:uwabami_jp:20151120210809j:plain

f:id:uwabami_jp:20151120210714j:plain

この下の写真の、緑色の階段みたいなのは説教台なんですって。なんとも緑とゴールドが美しいこっちゃです!

f:id:uwabami_jp:20151120210726j:plain

床の絨毯はトルコからの贈り物。シャンデリアはフランスから。モデルにしたのはトルコ、イスタンブールのブルーモスクだそうですが、エジプト産アラバスターが入ると国際色豊かな美しい不思議空間になっています。
ムハンマド・アリさんは今もこのモスクの中に棺があって眠ってらっしゃいます。
毎日世界中から観光客が来るのを楽しんでるのかな〜。

カイロ歴史地区を守る古〜い城塞  

城塞の感じもカッコイイですな〜!!この城壁はモスクとは別の時代、もっと前の時代にできたもので、1176年に十字軍を阻止するために建設され、以後そのまま使われているのです。先ほどのムハンマド・アリ・モスクは1824年建設スタートですからかなり時代が違いますね!

f:id:uwabami_jp:20151120212846j:plain

f:id:uwabami_jp:20151120213013j:plain

 いや〜。すごかった。次回はもう少し周辺も散策したいですな!

 

 

こちら、水道橋です!19世紀まで実際に使われていたんだそうで、ナイル川の水を先ほどの歴史地区シタデルのあたりまで運んでいたんですって〜。
今は途切れ途切れですが街中に残ってます。

f:id:uwabami_jp:20151120210919j:plain

 

 

キリスト一家が身を隠していたという聖セルギウス教会

こちらはオールド・カイロと呼ばれる地区の中にあります。迫害を受けていたコプト教(原始キリスト教)の人々がひっそりと暮らしていた地区で、今もたくさんのコプト教会があります。その中でも幼いキリストと父ちゃん母ちゃんが隠れていた地下道の上に建てられたというセルギウス教会を見学してきました! 

 

入り口は半地下にあり、少し分かりにくいです。
こういう細い小道を抜けていきます。物売りも少なく、割と静か。

f:id:uwabami_jp:20151121054723j:plain

こんなさりげない表札。でも窓の装飾が美しいですね。

f:id:uwabami_jp:20151121062553j:plain

現在修復中でしたが中はこんな感じ。途中で撮影禁止と言われてしまったので、あまり写真はございません。が、奥に見える象眼細工の木製の祭壇(?)とか、とても綺麗! 

f:id:uwabami_jp:20151121053822j:plain

 木とレンガのコラボ。パリやNYで見てきた教会とはだいぶ雰囲気が違います。

f:id:uwabami_jp:20151121054857j:plain

こんな感じで地下に入っていく階段があって、そこにイエスたちが隠れていたんだとか。なんだか不思議な気分ですな。キリスト教やイスラム教など入り混じっていて。

f:id:uwabami_jp:20151121062949j:plain

 

帰り際にキョロキョロしてると、
あ、これ、どっかで見たことある!!つい先日行った吉祥寺のケーキ屋さん!

f:id:uwabami_jp:20151121061443j:plain

これ!

f:id:uwabami_jp:20151121063808j:plain

ほら!

f:id:uwabami_jp:20151121063839j:plain

似てませんか??吉祥寺の方は天秤持ってるみたいだけど、かなり似てる〜!!!
でもこの図柄の意味わかんなーい!誰か教えて〜!気になる〜!!!!

 

バビロン要塞の面影

このオールド・カイロ地区はバビロン要塞の中にあったらしく、その面影としてバビロン要塞の一部が残っております。複雑に文化が入り乱れる世界って感じですね〜。

f:id:uwabami_jp:20151121064330j:plain

 

活気のあるハン・ハリーリ市場!カカクハカイ!?

巨大なスーク(市場)ハン・ハリーリ市場もちょっと見学!
人や物がごった返していて、客引きで大にぎわい!日本人だとわかると、ちゃんと日本語で話しかけてくる。路地は迷路のように入り組んでいるので、ガイドさんがいないと迷子になっちゃうかも!

f:id:uwabami_jp:20151121065335j:plain

 

お!サンタがピラミッド型のスノードームに入ってる!おもろー!

f:id:uwabami_jp:20151121065613j:plain

 

延々と市場が続く迷宮。セールストークに何故か「見るだけ安いよ!」「価格破壊!」という声も 笑 見るだけはタダだろ〜!!笑

f:id:uwabami_jp:20151121065735j:plain

 

今のカイロのイケてるメンズファッッション!?

活気ある市場を後にし、カイロの街中を通ると何やらおもしろいメンズファッションショップが!これがカイロのイケてるメンズファッションか!?マネキンがポーズ決めてるぞ〜!!

f:id:uwabami_jp:20151121065510j:plain

 

ボサボサ!?しかも結構しかめっ面だけど、これがイケてるの、、、、かな!
「何千年ものカイロの歴史を感じながら今を生きるのさ。中指がたとえ短くなってもな。。。」

f:id:uwabami_jp:20151121065512j:plain

 

カイロの市場はものすごい人だかり!ここは観光客より地元の人が買い物に来る市場だそうです。激しいな〜!!渋滞も激しいです!!

f:id:uwabami_jp:20151121065557j:plain

いや〜。カイロ、すごいです。新旧ともに情報満載!
奥深いわ〜!!!

 

 

気になるお値段

ムハンマド・アリ・モスク

1枚60L.E.(960円くらい)