uwabami days

アーティスト活動を生業とする三鷹在住アートユニットuwabamiの日々

世界遺産:ペトラ遺跡。美しすぎるぞ!~前半~

「すごい!」って何度言ったかな。

f:id:uwabami_jp:20190930180316j:plain

行ってきましたペトラ遺跡!
いろんな意味でアツかった。そして暑かった〜。
ペトラ遺跡は世界遺産。
インディジョーンズ最後の聖戦の聖杯が眠っている神殿のロケ地:エルハズネと、トランスフォーマーの偉い機械たちが眠っている神殿(うる覚え)のロケ地:エドディルが特に有名。でも他にもすごい所満載すぎた。

 

早朝スタート

f:id:uwabami_jp:20190625230102j:plain
f:id:uwabami_jp:20190930184028j:plain

近くのホテルに宿泊して朝っぱらからいくのです。ペトラ。
朝はとても涼しくて少し寒いくらい。日本の秋くらいかな〜。(行ったのは2019年6月半ば)

 

このくらいのレベルの遺跡がひょろっと現れます。
これはね確かエジプトの塔:オベリスクと深い関係があるみたいだけでうる覚え、、。

f:id:uwabami_jp:20190625230142j:plain

 

シーク&クールな治水システム

f:id:uwabami_jp:20190625230158j:plain

この岩の割れ目をずんずん下っていきます。
このあたりには、ナバタイ人って人が住んでいて、キャラバン隊の中継地点として栄えたらしい。貿易やったり、この辺りを移動する人の護衛をやったりしていたらしい。多分。

 

f:id:uwabami_jp:20190625230225j:plain

↑ここに水が流れておりました。
この近くに川やダムみたいな所があって、そこから水を引いていたそう。
この溝はずっとずーーっと続いてて、陶器のような水道管も見つかっており、ペトラの治水技術の高さがよくわかるシロモノなんだってYO〜。古代ローマ人もびっくりしたそうよ。

 

f:id:uwabami_jp:20190930181331j:plain
f:id:uwabami_jp:20190930181320j:plain

↑彫像とかもあって、その奥を水が通ります。こりゃテンション上がるなー!!

 

f:id:uwabami_jp:20190930181733j:plain

↑外人。
いや〜、写真とるヨネ〜。360度全部フォトスポットなので写真とりまくれます。インスタグラマーがここにきたら鼻血止まらんだろうな〜。

 

エルハズネ様こんにちは

どーん!!!!

f:id:uwabami_jp:20190930182427j:plain
f:id:uwabami_jp:20190930182233j:plain

粋なガイドさんで、エルカズネ(ハズネともカズネとも表記されてる)付近に来たら後ろ向かされ、良い位置まで移動させられ、『セーの!』でエルカズネと対面しました!鳥肌立ったな〜🐔

どどどーん!!!!

f:id:uwabami_jp:20190930182727j:plain
f:id:uwabami_jp:20190930182737j:plain
f:id:uwabami_jp:20190930182716j:plain

 

すっげーな〜。
崖の先に急に現れる宝物殿:エルカズネ。いろんな説があるようだけど、2000年くらい前に作られたみたいです。当時はここにも川が流れていたんだけれど、度重なる洪水で埋まっちゃったらしい。
そして、今も洪水が起きるみたい!雨が降ると全部ここに水が流れ込んでしまうらしい。確かに周りに木が全くないからすごい量の水が一度に流れてしまいそうだ!

 

 

 遺跡だらけ

f:id:uwabami_jp:20190930184731j:plain
f:id:uwabami_jp:20190930184753j:plain

ほっそいシークを抜けるととても広い空間が広がります。ここにも崖をくり抜いた遺跡がたくさんあって見応えすごい。ローマ劇場があったり、偉い人の墓?がたくさんありまくり、このマップを見るだけでも遺跡の多さがわかるでしょう〜(ウィキペディア参照)

f:id:uwabami_jp:20190930185203p:plain

 

遺跡の中は綺麗なマーブル

f:id:uwabami_jp:20190930184741j:plain

 

ふっしぎな柄。この辺りはだいたいこんな感じの綺麗な模様が広がってました。

どことなく、イサキの刺身に見えるのは僕が日本人だからでしょうか?

f:id:uwabami_jp:20190930185410p:plain

 

ほら。

 

 

記事2に続く!