読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uwabami days

アーティスト活動を生業とする三鷹在住アートユニットuwabamiの日々

ロシア旅行あれこれ2016

ロシア

2016年6月末から7月頭にかけてロシアはモスクワ、サンクトペテルブルク、黄金の輪に行ってきました!

f:id:uwabami_jp:20160725132347j:plain

 

 

 

ロシア旅行は個人では難しい!?

 我々は今回エイチ・アイ・エスのツアーで参加しましたが、ロシアは個人でビザをとって自由に周るのが他の海外の都市より難しいみたいです。

まず、ビザが必要です。
それから、どのホテルに何日滞在予定で、滞在中に何処へ行くかを全て書いて提出しないといけないらしいです。
なので、気ままに一人旅はなかなかできないらしい。ということで、ツアーを選択しました。これなら旅行会社が手配をしてくれるので楽チンですね。

 

 

お金のあれこれ

お金は基本ルーブル。細かい単位はコペイカ。

ロシア国内では、日本円からの両替はほぼできないので、ドルか、ユーロ、クレジットカード(VISAかマスターカード)があると便利です。
とはいえ、実際はユーロがほとんど使えませんでしたし、両替できるポイントも少ないので、念のためのドルと、主にルーブル持参をお勧めします。

我々は一週間の滞在で1万円分のドルと、1万5000円分のルーブルを両替して行きました。(2人分)食事はツアー料金に含まれているので、主に飲み物やお土産代です。
我々は途中二回離断し、食事を二回自腹で取り、離団中に美術館を2件回ったので、1万5000円分のルーブルは全部使いきりましたが、ドルはほぼ手付かずで残りました。

物価は空港などでなければ安いです。ロシアで一番いいというウォッカも1万円しませんでしたし、美術館も700円しません。食事のたびにミネラルウォーターのペットボトルがもらえますので、水を購入せねば!ということもあまりありませんでした。
水は大体30~60ルーブルですね。

ロシアトイレ事情

ロシアは公衆トイレが少ないです。大型スーパーやホテル、美術館のトイレは無料ですが、 有料のところでは20ルーブルかかります。
美術館のチケットくらいある謎のレシートをくれます。このコストの方が勿体無い気もするけど。。。

 

アエロフロート事情

我々はエコノミーで往復しました。座席は国際線にしてはちょっと狭め。
映画は日本語対応が少なめですが、かなりの数がありました。

機内食はなかなか美味しい方だと思います。不思議な味だけど。
お酒はビールやカクテルのサービスはありません。ワインのみ!
そして最初のサービスの時にしかワインが出ません!
ここで頼まないとずーっとノンアルコールです。
お酒を飲みたい方は一度限りのチャンスを逃さないように!

f:id:uwabami_jp:20160725133136j:plain

モスクワからサンクトペテルブルグの国内線でも軽食が出ます。

f:id:uwabami_jp:20160725133058j:plain

 

wifi事情 

ロシアのWifiはけっこうフリーで繋がるポイントがあります。
美術館やスーパー、カフェなどwifiと大きく表示されている場所は使えます。
ですが、黄金の輪のように都心から離れるとほとんど繋がりません。
我々はグローバルwifi持参でしたので、日本にいる時と大差ない感覚で使えました。
便利でしたよ〜!
借りるときも返すときも空港で簡単にできますし、カウンターを選べるので空港内を歩き回ることもありませんでした。
しかも、返すときにうっかり予備バッテリーを入れ忘れましたが、その日のうちに発送すれば、延滞料金なく返却ができました!

海外WiFi レンタル|海外でWiFiを使うならグローバルWiFi

 

地下鉄やバス、タクシー事情

地下鉄は便利で安いです。一回どこまで行っても50ルーブル。(100円以下)
メトロカードにチャージする感じで、1回分、2回分、10回分と選べます。
駅には券売機もあります。
そして同じカードでバスにも乗れます。
バスも1回50ルーブル。カードを持っていなくても、運転手に直接お金を払って購入できます。
なんて明快なんだ!日本が複雑すぎるのかな〜。
あ、ちなみに同じカードに二人分チャージはできません。一人一枚買ってください。

タクシーは基本拾いにくいです。予約して乗るか、観光地の近くの黄色いタクシーを使うといいそうです。
我々は地下鉄とバスが便利だったのでそれしか使っていません。(モスクワのみで使用)

f:id:uwabami_jp:20160725133608j:plain

 

 

トレチャコフ美術館の値段

今回、トレチャコフ美術館の本館と新館に行きましたが、どのサイトを見ても正確な値段がわからず、行き当たりばったりで行ってきました。
2016年7月現在どちらも400ルーブルでした。
新旧共通券のようなものがあるみたいでしたが、チケットブースのおばちゃんはロシア語しか通じなくて、結局400ずつ払いました。
トレチャコフ美術館はロシア美術に特化した面白い美術館で、赤の広場からも近いですし、オススメですよ!

blog.uwabami.jp

 

 

以上、ロシアあれこれ、参考になったでしょうか?

質問がございましたら、時間がかかるかもしれませんがコメントで答えられる範囲でお答えしますのでお気軽にどうぞ〜!